ナイトブラ

授乳後のバストはナイトブラでサポート

更新日:

妊娠中の女性や出産後に授乳している時期は胸の乳腺も非常に発達しているため、通常時よりもバストが大きくなっている傾向があります。

ですが、授乳後になるとバスト全体がしぼんで下垂しやすくなる傾向にあります。

 

 

それには理由があり、バストを支えるクーパー靭帯という組織が、バストが大きくなるとともに伸びてしまうんです。

ですが、その伸びたクーパー靭帯というのは、伸びてしまったら元に戻ることはないのです。

本来は、バストを上向きに支えていたクーパー靭帯ですが、出産の時に伸びてしまって、出産後の小さくなった胸に対して上向きには支えることが出来なくなってしまったのです。

 

 

そのため授乳後でもハリがある美しいバストラインを維持する方法として、胸が垂れるのを防いでくれる『ナイトブラ』の使用が注目されています。

 

 

 

ナイトブラは、就寝時にバストの型崩れを防いで、美しいラインをサポートしてくれる補正効果が高いアイテムになります。

夜は、ノーブラで寝ているという方も多くいらっしゃるかと思いますが、ノーブラはバストにとっては一番良くないことです。

寝ている時というのは、無防備な状態ですので、最もバストケアに気を付けなければいけません。

 

ですが、やはり寝る時くらいは、リラックスしたい、ブラジャーで締め付けられるのはイヤだ!!という方も居るでしょう。

ナイトブラによっては、締めつけ感の少ない楽な着心地のタイプもあります。

それに育乳を目的としたバストアップ重視のアイテムなど、販売しているメーカーによっても作りや使用されている素材は異なります。

 

ですが、授乳後の垂れをしっかり防ぐなら補正効果が重視されているタイプを選ぶことで、バストの型崩れ全体を予防することが可能です。

 

授乳後に使用するべきナイトブラは、選ぶ際のポイントとして押さえておきたいのが補正力が高いことやホールド力が高いこと、着心地が良いことの3つにあります。

 

補正力の高さはメーカー独自のナイトブラの設計によって異なりますが、バストを包み込むようにサポートする3D補正構造のタイプは、加齢と重力で下がってしまいがちなバストをしっかり正しい位置に戻してくれる役割を持ちます。

バストのホールド力は、既に下垂してきているバストや離れ乳と呼ばれる横に肉が流れてしまっている状態を整える役割を持っており、パワーネット構造で下からしっかりバストをホールドし、脇やアンダーなど脂肪が流れていきやすい部分からすくい上げるようにリフトアップすることが可能です。

最後の着心地ですが、どんなに補正力やホールド力がしっかりとしているナイトブラでも、胸周りを締め付けすぎてしまうと快眠をすることができないため、ホックでサイズを微調整できるなど体に合う機能が搭載されていると、夜間でも着心地は格段に良くなります。

 

オススメ

>>バストアップブラ【Viageビューティアップナイトブラ】

 

また使用されている素材も、肌に負担が少ない高級コットン100%など肌触りの良いものが使用されているタイプを選びましょう!!

合わせて読みたい

-ナイトブラ
-, ,

Copyright© 女性の綺麗のための情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.